この記事は、当スクールの生徒さんが、ご自身のブログに書かれた内容を転載させていただきました(ご本人に転載の許可をいただいております)。

 

アウアナNightはmusicianの演奏、軽快なトークから始まり、
hulaはクムのソロからスタートしました。

プログラム1番は日本から来た私達8人だけで1曲。

いただいたマイレレイを首からかけて、気持ちよ~く躍りました。
なんといっても観客の目があたたかいのです泣
みんながあたたかい目で見てくれるし、
声もかけてくれるおかげで
どんどん気持ちよくなっていきます(笑)

そして、その後はカウアイのシスター達とのMIXが続きます。
velvetの衣装繋がりで2パターンの衣装で踊った「KE ALOHA」
私たちのは全部ベルベット、カウアイシスターの衣装はトップが同じ色のベルベットなんです。

もうここから立ち位置はめちゃくちゃです(笑)
だってね。
そもそもハッキリ決まってなくて
「たぶん練習の時立った位置で踊るのかなー」って思っていたものの
入場の段階でもうみんなが好き勝手なとこに立つの驚き
守られてるのは前列後列くらい(笑)
もうこっちも「じゃあ、もうそれで~」
って感じに郷に入っては郷に従え、的なテンション(笑)
案の定、ワタシの前を歩いていたEは、
左に行くとこ右に行くし(笑)、目で合図したけど「Never mind!」って目で返された苦笑い苦笑い苦笑い

そして、リハの3倍スピードくらいで演奏された「KE ALOHA」だったけど(笑)
気持ちよかった~~~わーいわーいわーい
Ho’oさんって歌いながら、2回目を英語に直して解説的に歌ったりするんだよね。
歌詞で振りを覚えてる私達は、ハワイ語の歌詞がなくなって英語の解説になっちゃうと
もう振りを追うのに必死になっちゃうんだけど、
それもまたちょっとその気にさせてくれる(笑)

そして、いよいよKEAUHOUの生演奏生声で踊る
KEAUHOUの新曲「Pua Mōhala i ka Wēkiu」
先月クムの来日時にワークショップで教わったばかりの曲。
とーってもステキな振りなんだよねー。
クムが「今年絶対NAHOKU awardをとるはず!」って断言してるグループです♪

ホントにこれはもう踊りながらすっかり酔っちゃて
勝手に気持ちだけいっぱしのダンサーよ(笑)
メレに入り切って踊り切って、
退場なんてメリモかっ!ってくらいのドヤ顔でねにやりにやりにやり

終わって、KEAUHOUと写真撮影してもらって・・・
なんだかうれしそうな顔よ~~ラブ

この日はCHURCHでのコンサートから初めて0時前に直帰。
とはいっても、おうち到着23時半過ぎ。
「今日は早いね~~」
て口々に言いながらまたもやハイテンションで帰ったのでした^^
もうここまで来たら振り切れてるからね

とりあえずこれで怒涛のスケジュール、ひと段落♪
とは言っても!!!
明日もビッグイベントあるから、またパウのアイロンは続くのです(笑)
もちろんアイロンの傍にワイン