Aloha

今日は再び、Tちゃんのプライベートレッスン。

練習したフラはMahina O Hoku、美しい満月の夜を歌ったトラディショナルナンバーです。


9月に鎌倉芸術館の湘南フラフェスティバルで踊らせていただいた曲です。

ハワイアンソングにも色々あり、コンテンポラリーハワイアンと呼ばれる最近の曲から、Mahina O Hokuのような、何年も前から歌い継がれてきるスタンダードな曲もあります。

そして一般的に言って、スタンダードなフラソングの振り付けは、比較的シンプルな物が多い気がします。

但し、クム ケーハウラニの振り付けは、スタンダードな曲だろうが、最近流行りの曲のであろうが、易しくない!一筋縄ではいかないんです!

ナーリコオカパライに来る前に何年かフラの経験があるTちゃんとも話していたのですが、

クムの振り付けには、カホロ右左→ヘラ右左→カオ右左→レレヴェへ右左

のように左右同じステップの繰り返しはあまりなくて、

カホロ右→レレヴェへ左→オニウで前に進む→アミで大きく一周回る

のように次から次へとステップが変化するパターンが多く、難しい!
そして、ハンドモーションも1.2.3.4とカウントに合わせるだけでは、上手く踊れない。
歌詞の言葉を良く聴いて、言葉に乗ってはじめて微妙なタイミングが合う、といったものなので、フラの経験がそれなりに長い私にとってもチャレンジングな学びの日々が続いています。

でも、とにかく楽しい! 簡単ではないけれど楽しいのが、クム ケーハウラニのフラ。

初心者の方はもちろん、フラ経験者の方にこそ、楽しんでいただけるフラスタイルです。

経験者の方の体験レッスンも大歓迎です。
体験していただくクラスはご相談の上、アドバイスさせていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいね。