Aloha

全日本フラ選手権のジャッジする為、来日されたクム ケーハウラニ。

その後の数日間、日本に滞在され、鎌倉でオープンワークショップや、藤沢のナーリコオカパライのスタジオで特別レッスンをしていただきました。

クムとの1週間の始まりは、全日本フラ選手権。

出場ハーラウのハイレベルな演技を観て、勉強させていただこうと、ナーリコオカパライの生徒さん十数名と観戦しました。

クムケーハウラニには、先月カウアイでお会いしたばかりでしたが、広い体育館にマイク無しでオリを響かせながら入場されたり、観客席から審査員席に座っていらっしゃる姿を見上げると、あらためて新鮮で誇らしい気持ちになります。

コンペティションの出場ハーラウは、当然ながらどちらもとても上手で、広い体育館のフロアを有効的に使った凝ったフォーメーション等も、さぞかしたくさん練習なさったんだろうなぁと感心しました。

私達の席は、審査員席に向かって踊るダンサー達を真横から観る位置でした。

それでよくわかったのが、ハンドモーションやステップの技術の前に先ずは姿勢が大事だという事。

普段、スタジオで練習している時は、鏡にうつる真正面から見た姿しか確認できませんが、今度、真横から見た姿勢はどうなっているか、動画を撮ってチェックしてみようと思います。
審査員を務めた3名のクムフラ、

クム ホークーラニ ホルト、クム チンキー マーホエ、クム ケーハウラニケクア、MCの藤沢かなえさん
お疲れ様でした。