湘南 藤沢のフラ教室 ナーリコオカパライ主宰の石垣朝子です。

クム日本滞在の最後は、ナーリコオカパライでの特別集中レッスンでした。

いつもレッスンしているスタジオにクムがいらっしゃるだけで、ぐっと雰囲気が引き締まります。

まずはレッスンの最初に唱えるオリ二つをチェックしていただき、無事OKをいただいてからハキキノがスタート。

クムの唱えるオリに合わせてのウォームアップから、
クムのホオパアでの、ベーシックステップの練習。表情から、皆がまだ少し緊張しているのがわかりますね。


楽しみにしていたハンドモーションのレッスン。クムの美しい手の動きに少しでも近づけたかな。


そして、この日教えていただいた新曲は、”Aloha Aku Aloha Mai”。

先日急逝された、映画ハウマーナのケオ ウールフォード監督へのトリビュートとしてクムが新たに振り付けたフラで、心に染み入るようなしみじみとしたメロディーが素敵な曲です。


以前習った曲のチェックもしていただき、細かい手の動きなどのアドバイスを受け、

新しいオリも習ったりしていると、あっと言う間に4時間半のレッスン時間は終わってしまいました。

レッスンの最後、皆に何かおっしゃりたい事はありますか?と私が尋ねたところ、クムは、遠い日本で、おばあちゃんから受け継いだフラがこうして根付いているのを目の当たりにして、とても感激している、たった一年でよくここまで頑張ってくれて嬉しい、ありがとう、と涙を流されました。

そのクムの涙を見た私たちもまた全員、じーんときてしまい涙涙!

涙顔で、一人づつクムにハグしていただいて、レッスンは終了しました。

クム、素晴らしい時間をありがとうございました。