この記事は、当スクールの生徒さんが、ご自身のブログに書かれた内容を転載させていただきました(ご本人に転載の許可をいただいております)。

 

1月13日(金)

さすがに前日(当日?!)就寝4:00のため、
この日の早朝予定していた海で日の出を見ながらのセレモニーは中止し、11:00にHālau集合。
とは言っても、移動と朝食を考えて(食べなきゃモタナ~イびっくり)8時起床。

Hālauに着いて、昨年習った「Aloha Kaua’i」をクムと復習。
数回踊って細かいところを直してもらった後、
Hālauにあった20年もののモキハナレイをクムが見せてくれました。
そんなに古いものなのに、まだ香るのです。
モキハナレイを首にかけて香りを感じながら踊る体験をしてほしい、とクムが。
そして、まさかの全員にレイを回しながら1回づつ踊ることに。
それまでも数回踊っていたあと、10人分の体験のために、
かれこれ15回程度、「Aloha Kaua’i」を連続で踊ったことになります。
私達も汗だくでしたが、それ以上にウクレレと生歌で15回歌ったクム。。。
一切手を抜かず、Huiもちゃんと省かず全部を全力でやってくれる。。。
その姿とモキハナの香りで、また踊りながら涙が止まらないのです。。。

休憩時間にはヘトヘト、クタクタで外にフラシスター達が用意してくれた
スペシャルドリンクにたかる(笑)

その後、またカウアイシスターも合流して
午後のヒンズー寺院でのセレモニーのために練習開始。

練習が終わって、みんなで手をつないでクムのオリを聴きます。
そして、ここからは一切の無駄話を封印し、
自分たちが捧げるベストなHulaのことだけを考えるように、
というクムからのお話。
寺院までの車中20分程度も一切の沈黙で向かいます。。。
(ホントにみんな車の中でも一言も発さないんだよ~。
真面目なみんなにある意味ビックリ^^;)
煩悩だらけの私は黙ってれば黙ってるほど、余計な色んなこと考えちゃうのよね。
無心・・・って難しい^^;
実は私は頭にのせてたレイポオがきつくてきつくて、頭締め付けてて
結構悲鳴気味でした(笑)
でもだまーって運転したわ頑張る

このヒンズー寺院はオープニングの時にクムがその土地の歴史や背景を調べてチャンティングしたというご縁のあるところ。
ハワイの中にヒンズーという宗教の寺院を建てるということに反対するハワイアンも多い中、クムは輪廻転生や目に見えない先祖を大切にするというその概念に共感してサポートされたとのこと。
そのご縁でここを訪問させていただき、みんなでチャンティングとKAHIKOを奉納することとなりました。
宗教に馴染みのない私達は「ヒンズー」と聞いて、なんとなく暗いイメージを持っていたものの、行ってみてその広大な敷地に溢れる自然の豊かさと明るさにビックリ感動キラキラ
本当に神秘的な美しさの中で踊らせてもらいました。

ただ、残念ながらここでの画像は厳粛なセレモニーのため公開禁止。
人(audience)に向かってのHulaではなく、
目に見えない神に向かっての奉納のため、公開はしない、というクムのお考え。
私達の胸にしまわせてもらいます。。。