この記事は、当スクールの生徒さんが、ご自身のブログに書かれた内容を転載させていただきました(ご本人に転載の許可をいただいております)。

 

OAHUに降り立つ前に一息入れて・・・

今回の合宿を振り返ってみました。
ぶっちゃけ、長いし内輪ネタ多いのですみません苦笑い苦笑い

今の教室に移籍したのが2015年11月。
別の教室で5年間のフラ経験があった私が入会することに、A先生は慎重でした。
長いメールのやり取りをして、A先生からは
「本当に他の教室もたくさん見ましたか?」
「本当に当教室でもご満足いただけるか懸念しています」
というようなメールもいただきました。
だからこそ、私もじっくり考えました。
なぜ、行きたいのか、なぜ、他ではないのか。。。

はっきり言って直感しかないですよね。
だって、入会してみなくちゃわからないもの。
その教室の雰囲気、方針、フラシスター達。。。
正直、ホームページやブログに出ていることは鵜呑みにしてはいけないと思っていました。
だけど、入会前はそれしか手がかりがないのも事実なのです。
だから、実際に先生に会ってみて、踊っている姿を見てみて。
あとは直感しかありませんでした。
最終的には論文のように
「なぜ入会したいか」を書き綴って送り、入会を許可してもらいました(笑)

先生はただただ私に間違った選択をして欲しくなかったのだと思います。
そのくらい、「生徒を集めること」よりも「生徒にとってベストな選択」についてを考えてくれる先生なんだってこともこのやりとりでよくわかって、それも私を後押ししてくれたひとつでした
今はあのことを先生と笑いながら話せる関係になりました

でも、実はたったの1年ちょっとなんですよね。
そして、このハワイ行きの話が出たのは昨年5月。
入会してたったの7ヶ月目でした。

今回、ハワイに行けたのは最終的に先生を含めて8人。
年代は20代~60代まで。
正直、ほぼ週に1度レッスンでしか顔を合わせていない8人での寝食を共にする6泊7日。
どうなることやら、って思ったりもしてました^-^;
だけど、まぁぶっちゃけ忙しすぎて日々精一杯だったこともありますが、
本当にステキな仲間とステキな1週間を過ごすことができました。

みんなそれぞれのキャラが光った1週間。

じーんA先生じーん
ハードスケジュールの中でみんなのこと、クムのこと、カウアイのシスター達のこと。
全部を総合的に見なくてはいけなくて、実はかなり神経張り詰めていたことと思います。
3日目にはきっと神経の疲れで年に数回しかないという偏頭痛に眉をしかめながらも笑っている先生の顔を見て、
感謝の気持ちがあふれ、カウアイシスターのセラピストのJに頭と肩に手を当ててもらっている姿を見て、涙が出てきました。
実はあのとき、先生とJの上になにか光が差しているように見えました。
夜だったのに。。。
だから、きっと良くなるはず、って思っていました。
本当に何から何までありがとうございました。
すまいるMちゃんすまいる
いつも冷静な目でみんなを見ていてくれるよね。
誰かの顔色も、誰かのちっちゃな一言もキャッチしてすばやくフォローができちゃうところ。
本当に尊敬しています。
優しさあふれて、フラもステキでみんなの憧れなのに、
そのくせ、苦手分野は「私できないの~」って笑ってギブアップする姿、ホントにかわいいドキドキ
変なイモプライド、全然ないもんね。
いつもありがとう。
私はMちゃんがいたからこの1年、ここまで来れました。
爆笑Sさん爆笑
いつも明るくて元気でパワフルでおしゃれで。。。
お母さんのような存在で頼りにさせてもらっています。
今回の旅も、Sさんの底抜けの明るさとポジティブシンキングの姿勢に励まされました~。
いつも同世代感覚で体力も感覚も感じてしまうので、年齢差なんてうっかり忘れちゃって失礼なこといっぱいあると思います。
ごめんなさい。
でもそのくらいSさんは身近で、なくてはならない存在なのです。
カウアイで、どうしても期限ありの仕事を片付けなくちゃいけなかった夜。
その前にアイロンをしようとランドリー室に行った私から、パウをとりあげて
「こんなのやっといてあげるから、早く仕事やっちゃいなさい!」って言ってくれたよね。
密かにパソコンに向かいながら泣いてました目から涙
ありがとうございます。
にこりMちゃんにこり
Mちゃんが怒ってる顔、仏頂面の顔、見たことないね。
いつも笑ってる。いつも人のこと優先。
その可愛いキャラを私達はいじりまくってるけど(笑)、ホント愛すべき存在。
いつも空気をほんわかさせてくれて、ありがとう。
きらきらNちゃんきらきら
人生初ハワイだったのに、すごい体験だったよね。
多分、想像してたハワイ、想像してた旅行とはだいぶ違ったと思うけど、
静かに驚きながらも全部ポジティブに捉えて静かに感動してる姿。
好奇心とチャレンジ精神たっぷりなNちゃんはどんどん色んなこと吸収していくよねー。
そのsensitiveなセンス、尊敬しています。
にこりYさんにこり
おそらくYさんが今まで体験してきたハワイとは180℃をどころか540℃くらい違うハワイでしたよね。。。
でも、主婦ならではの本領発揮で、毎晩のお洗濯を取り仕切ってくれて、
時間がどんどん深夜に食い込む中でシャワーを終わるより前に裸になった時点で洗い物を回収してる姿、さすがの効率のよさでした^^
お世話になりました。
ニッコリTちゃんニッコリ
Tちゃんこそ入会した日に私達が冗談半分で誘った「カウアイ行きません?」に即答で「行く」と言ったすごい人ですよね。
今回はほぼ通訳を担当してもらって、本当に助かりました。
Tちゃんの通訳を聞いていて、圧巻!!
なんと日本語の語彙が多いことか!!
普段から「ほら、あれ」とか「それ」とかで会話をしてしまってる私には、全然日本語に変換する語彙がありませんでした苦笑い 苦笑い 苦笑い
しかも忘れっぽすぎて、聞いたことを出力する前に忘れてしまう私。。。
おまけに、クムが話してるどのタイミングで通訳を入れていいのかを掴めない私はどこで口を入れていいのかも探りすぎて口を挟めないおろおろ
ホント、的確な言葉とタイミング、尊敬しました。

6泊7日。
みんな忙しい中でもそれぞれ色んなことを感じてすごしたと思います。
そして、なにより、カウアイのクムとフラシスター達のおもてなしに心打たれましたじーん
あんなにしてくれるクム、いるかなぁ。。。
振り返ってみると、バケーションレンタルでの朝食以外、
ほぼ食事はクムと一緒。
しかも全部クムとフラシスター達が準備してくれて、私達はいただくだけご飯
私たち、初日のCostco以外、一切財布にも触れてません
朝から晩までびっしりのスケジュールを全部同行してくれて、私達の顔を注意深く見ていてくれていたクム。
最終日はあまりにお疲れのようだったので
「Waimeaは私達だけで行って来るので、クムは休んでいてください」、と言ったA先生に
「Don’t be silly」と一言。
行ってみれば、やはりクムがいてくれたからこその体験だらけでした。
ホントに本気の「Priceless」な旅でした。

クムが私達を「日本の生徒」扱いを一切せず、
常に「みんな私の生徒」扱いしてくれたのにも、実はジンジン来てましたじーん
だから、常にカウアイのシスター達と一緒。
何曲も一緒に踊り、一緒に準備して、一緒に練習しました。
クムは写真さえも「日本人」「カウアイ」を分けて撮ることを嫌い、
「I want them to be all together」と言い続けてくれていました。
だからこそ、向こうのシスター達をこんなに身近に感じ、こんなに愛おしく感じ、
カウアイの思い出が最高キラキラキラキラなんだと思います。