Aloha

フラダンサーにとって重要なオリのひとつにʻKūnihi Ka Maunaʻクーニヒ カ マウナがあります。

フラダンサーが、レッスンの前にハーラウに入室の許可を得るためのオリです。

ハウマーナ(生徒)が、Kūnihi Ka Maunaを唱えると、クムがそれに応えて入室を許可するオリを返してくれます。そうしてはじめて、ハウマーナはハーラウに入る事ができるのです。

ハーラウによって、クーニヒチャント、オリカヘア、メレカヘア等、色々な呼び方があり、抑揚も少しづつ異なりますが、オリの言葉自体は同じものです。

ハワイでは、フラダンサーなら知っていなくてはならない、と言うより、知っているのが当然、とされている重要なオリです。

フラの守護神であるヒイアカが、姉である火の女神ペレに命じられてカウアイに来た時に、ワイルアの地に立ち入る許可を得るために唱えたものとされています。(諸説あり)

このオリには、ワイアレアレ、ワイルア、カヴァイキニ、ノウノウ、カイプハア、カパアといったカウアイの地名が出て来ますが、中でも特に重要なのがワイアレアレ。

カウアイ島の中央に位置する神聖な山です。

ワイアレアレの頂上は世界一降雨量の多い場所で、殆どいつも雲に覆われており、天に向かってそびえ立つその姿は威厳に満ちていて、人を寄せ付けないような神聖な雰囲気を漂わせています。

カウアイ滞在中に、ワイアレアレ山から流れる水路について調査しているクム ケーハウラニのフィールドワークに同行して、ワイアレアレ山の麓まで行く機会に恵まれました。


観光スポットであるワイルアフォールズを過ぎて、山道を登って行き、水の流れを横切ってさらに進みます。

この先は、4WDでないと通行は到底無理な未舗装の狭い道です。

もう一回、別名セカンドクロッシングをバシャバシャ音をさせながら超え、

さらに進むと、映画ジュラシックパークで、パークの入口となったゲートに着きました。
既に恐竜が出てきそうな雰囲気ですが、まだ目的地はずっと先です。

行き違う車は全くありません。

実はここから目的地に着くまでの写真が無いのですが、あまりの悪路のゆえ揺れが激しくて、カメラを構える事など出来なくなったからです。

大きな穴だらけの狭い泥道を、ゆっくりと進んで行くのですが、首がむち打ちになりそうなくらい揺れるので、いくら頑丈な4WDの車でも壊れるんではないかと心配になったくらいでした。

小一時間ほどで車が走れるギリギリのところまで到達しました。

クム、クムの片腕的存在のエヴァジョイ、私

水の流れの先にある聖なる山、ワイアレアレに向かってチャントします。


続いて、クムのパフの音とチャントに合わせてフラを捧げました。


長年唱えてきたオリに出てくる神聖な場所を、この目で見られ、フラを奉納する事ができ、本当に感激しました。


そしてこちらは、翌日のフィールドワークで訪ねたカヴァイキニ。ワイアレアレの一部で一番標高が高い地点です。

この時は綺麗に頂上が見えていたのですが、とても珍しいそうです。


カヴァイキニに向かってオリ Kūnihi Ka Maunaを捧げた後の一枚

得難く貴重な経験をさせてくださったクムに心から感謝いたします。

ありがとうございます。